病 ハンセン病

ハンセン病

ハンセン病は熱狂的なスタンハンセンのファンのことではありません。


日本では感染源になる人はほとんどいません。たとえ感染しても、現在の日本では発症することはまずありませんので安心してください。
皮疹にほぼ一致して触った感じや、熱い冷たいの感覚が鈍くなったり麻痺を認めます。診断や治療が遅れると神経がはれたり、運動障害(手足が曲がるなど)を伴うこともあります。
ハンセン病はらい菌の検出が重要です。
ハンセン病は治る病気ですが、早期診断、早期治療、確実な内服を心がけ、後遺症を残さず耐性菌をつくらないようにすることが大切です。
タグ:ハンセン病

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。