病 ヒルシュスプルング 病

ヒルシュスプルング病

一言でいうと慢性の便秘によって大腸が大きくなる病気です。
 ヒルシュスプルング病は、神経節細胞が欠如しているため、蠕動運動が起こらず慢性の便秘になり、大腸が大きくなります。
生まれてすぐの子どもでは、胎便(たいべん)の排泄が遅れることが最初の症状です。吐いたり、症状が進むと体重が増えたり栄養不良が現れてくることもあります。
胎便が排出された時期はいつか、乳児ではおなら(ガス)が出ているか、何をどのくらい食べているか、便の性状と排便の頻度などを確認します。その後、腹部膨満の有無や、肛門から指を入れてガスの噴出や便の有無を確認します(直腸指診というやつです)。
治療法としては人工肛門や小腸瘻(しょうちょうろう)を造設する場合もあります。近年は、腹腔鏡(ふくくうきょう)補助下手術や経肛門手術が導入されつつあります。
がんこな便秘が続く場合は小児科医に相談してみるのが一番いいでしょう。



タグ:便秘

相互リンク

相互リンクサイトのご紹介!

みなさん一緒にブログをがんばりましょう!


症状 花粉症

アレルギー性鼻炎対策

アレルギー性鼻炎ですが私も症状は重くて鼻が詰まって夜は眠れず、昼はくしゃみと鼻水で思考路停止、そうかと言って病院でもらった薬は軽いのは効かず、強めにしてもらうと口の中や喉までもがからからになってものも上手くしゃべれず、本当にその期間は辛いものです。

いまだに続いてます。
しかしそんになに辛かったアレルギー性鼻炎でしたが、実は数年前からかなりいい感じで過ごすことができています。
それは症状が出る前の1月ころから薬を飲み始めるのです。花粉予報に気をつけて、ある年は12月から飲み始めたこともあります。要は発症前に通院して、自分の症状をよく話し、あまりきつくない薬を処方してもらい飲み始めること、するとその年は花粉症知らずで過ごせます。
注射と言う方法もありますが、これはちょっとお勧めしません。なぜなら体調不良を起こし倒れることもあるからです。毎年注射を打って貰っていた友達が、通勤途中で具合が悪くなり倒れたのを見てから、お勧めできません。
病院は個人病院でれば内科なら大丈夫、耳鼻科もお勧めです。いい病院が見つかったら、毎年同じ病院へ行った方が過去のデータを見ながら処方してくれます。
薬屋さんで売ってるものでなく必ずお医者さんに処方してもらうようにしましょう。
タグ:注射

生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病とは、糖尿病・高脂血症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が主な発症原因であると考えられている疾患の総称であって特に生活習慣病という病気があるわけではない。



ただ、これらの疾患は虚血性心疾患・脳卒中などの原因となり、最悪の場合死にいたるという怖い病気といえば病気だ。

30〜40歳代以上の世代から発症しやすくなり、かつその発症に生活習慣(食事習慣、運動習慣、肥満、喫煙、飲酒など)が深く関わると考えられている病気の総称である。私の場合肥満以外は
すべて該当していてとても他人事ではありません。

ちなみに肥満に加えて糖尿病・高脂血症・高血圧・高尿酸血症などの生活習慣病を複合する状態を、医学的にはメタボリック症候群といいますね。

かつては加齢によって発病すると考えられたために「成人病」と呼ばれ、特に脳卒中、がん、心臓病は3大成人病とされ、集団検診による早期発見、治療の体制が進められた。

成人病という概念は、昭和30年代に「主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め、40〜60歳くらいの働き盛りに多い疾病」として行政的に提唱されたものといわれる。

しかし、その後の研究で、原因の大半が長年にわたる生活習慣にあり、間違った生活習慣によって高脂血症や高血圧がどの年齢にも起こりうることが判明したため、子供のころから予防に気を付けなければならないことから、1997年頃から「生活習慣病」と呼ばれることが多くなった。

特に脳卒中が多発する時期である寒冷期の2月1日から2月7日が、厚生労働省主催の「生活習慣病予防週間」となっていますね。

タグ:成人病

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。