症状 エイズ

エイズとは?

エイズとはHIV感染末期、すなわち最終段階で発症する脳症です。

大脳白質、深部灰白質に病変があり、血管の周囲を中心に炎症細胞の浸潤(しんじゅん)がみられるHIV脳炎と、髄鞘(ずいしょう)、軸索(じくさく)の脱落があるHIV白質脳症が主にみられます。治療の普及により、本症の頻度は減っています。
エイズもそのうちそんなに怖くない病気になる日がきっと来ます。
タグ:HIV

症状 リウマチ

リウマチとは?

関節リウマチは、関節の炎症と痛みが全身に現れる病気で、2002年4月より慢性関節リウマチから病名が変更になりました。

関節の炎症が進行すると動きが制限され、変形して関節の機能が損なわれる病気です。多くは30〜50代で発症しますが、どの年齢でも発症します。男性より女性に多い病気です。だいたい男女比は1対4くらいです。

タグ:リウマチ

病 メニエール病

メニエール病とは?

メニエール病とはめまいの一種ですが、実際にはそれほど多い病気ではありません。

メニエール病は内耳の病気で、繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。一般に、片側の内耳の障害ですが、時には両側とも障害されることもあります。
三半規管が何らかの原因によりうまく機能できてないと思われます。
タグ:難聴 耳鳴り

病 ハンセン病

ハンセン病

ハンセン病は熱狂的なスタンハンセンのファンのことではありません。


日本では感染源になる人はほとんどいません。たとえ感染しても、現在の日本では発症することはまずありませんので安心してください。
皮疹にほぼ一致して触った感じや、熱い冷たいの感覚が鈍くなったり麻痺を認めます。診断や治療が遅れると神経がはれたり、運動障害(手足が曲がるなど)を伴うこともあります。
ハンセン病はらい菌の検出が重要です。
ハンセン病は治る病気ですが、早期診断、早期治療、確実な内服を心がけ、後遺症を残さず耐性菌をつくらないようにすることが大切です。
タグ:ハンセン病

病 アルツハイマー 病

アルツハイマー病

アルツハイマー病は痴呆を主症状とする原因不明の脳の病気のひとつとされてます。


高齢になるとボケの病気が始まりますがその病気には脳の血管が詰まることによって神経系に障害が及び、痴呆症が現れる脳血管性痴呆とアルツハイマー病があります。
近年、アルツハイマー病の人が増えてきています。
今後、高齢化社会を向かえ大変重要なびょうきといっても過言は
ないでしょう。
自分では病気という自覚がないのが怖いですね。
だから周りの人が気づいたら早急に医者に連れてくなど
してあげてくださいね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。